こまきです。映画のこと、ガエルのことなど。おススメDVDも紹介していきます。好きな映画は「モーターサイクル~」「恋人までの距離」「クレイジー・ビューティフル」「バッファロー'88」ほか。


by cine_love_gael
多分個人的に好きな映画のトップ3に入っちゃう映画を紹介。

e0017790_1931424.jpg

「恋人までの距離(ディスタンス)」
イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー


<あらすじ>
列車の中で偶然に出会った男、ジェシー(イーサン・ホーク)と女、セリーヌ(ジュリー・デルピー)が、ウィーンの街を歩きながら、たがいへのときめきを高めていく一夜の物語。
ドキュメンタリーのような自然な会話とカメラワークで、スリリングな愛の駆け引きが描かれる。主演の二人が出会いのぎこちなさから、意気投合する瞬間、徐々に募る恋心、相手にいらだつ過程まで、さり気ない視線や動きで鮮やかに演じている。

何が好きかって、この映画に出てくる二人の関係がすごくうらやましい。映画にはほとんど二人しか出てこなくて、ひたすら二人が話してるっていう映画。

話しているテーマはほんとにさまざまで、恋愛のこと、家族、死について、友人、政治のこと、宗教のこと、男と女の違い…。女友達同士でわりと哲学的な物の見方でおしゃべりしているような人にはウケると思います。私自身も友達や姉とこういう普遍的なことで普段ベラベラ話してるなぁ~なんて思うから。

でもそういうことを自分の恋人と尽きることなく話せたらすごく素敵だなと思う。

「恋人までの距離(ディスタンス)」は10年くらい前に公開されて、「ビフォア・サンセット」はその続編。出ている二人も同じ人物で作られたので、続編が公開されるって聞いたときは興奮しまくりました。あの二人はどうなったんだろうー!って。

「ビフォア・サンセット」

e0017790_20102287.jpg

   公式サイト (日本)
   公式サイト (アメリカ)


<あらすじ>
作家になったジェシー(イーサン・ホーク)はパリの本屋の朗読会で、9年前にユーロトレインの中で知り合い、恋に落ちたセリーヌ(ジュリー・デルピー)と再会する。かつて再会の日を決めていながら、果たすことのできなかったふたりは、9年分の埋め合わせをするかのごとくお互いのことを語り合う。しかし、ジェシーの帰国便まで残された時間は85分。ふたりには短すぎる時間。その中で離れていた9年間にお互いに起こった出来事、それぞれの思いをふたりがぶつけあっていく。

続編も満足のできでした。監督のリチャード・リンクレイターは、余韻を残して映画を終えるのがすごくうまい!あまり内容を言えないのがもどかしいのですが、さすが!って感じでした。9年も月日が経ってお互いの生活もずいぶん変わったのだが、熱心に語り合う姿は健在。月日を感じさせない相性のよさは運命?!って感じもしてきます。85分という短い時間の中でどうなるの??とハラハラさせられちゃいました。

「ビフォア・サンセット」でジュリー・デルピーは美しい歌声を披露しているのですが、歌手としても活動しているそう。二つの映画を合わせたサントラもよかったです。特に「恋人までの距離」の中でレコード店のブースでレコードを聞くシーンがあるのですがそこで流れていた曲も収録されています。

サントラはこちら。

続編を撮っている時は女優ユマ・サーマンと夫婦だったイーサンだが、その後離婚してしまって、今この映画で共演したジュリーと付き合っているらしいからビックリ!!実話になってるじゃん!みたいな。監督は映画を撮り終わったあとまた何年か後にその後の二人、的な感じで続くと言っていたけどどうなることやら…。
[PR]
# by cine_love_gael | 2005-07-17 20:14

韓国映画「マラソン」

e0017790_2319543.jpg
実話をもとにしたストーリー。

20才のチョ・ウォン(チョ・スンウ)は精神年齢が5才。

自閉症のため集中力がないが走るのは大好きでかつてマラソン大会で銀メダルを取ったこともある。そんな息子を伸ばしてやりたいと常に一緒に行動する母親。



42.195キロのフルマラソンに参加させるために、かつての有名ランナーで今は飲んだくれのチョンウクにコーチを頼む。が彼は全くやる気がない。そんなコーチに「100周走れ」と言われればその通りに走るひたむきなチョ・ウォン。

チョ・ウォンのことに一生懸命な母親に寂しさを抱く弟。他人からは「マラソンをさせるのは親のエゴだ」と言われ、孤立する母親。

そんな母親の願いは「息子よりも一日だけ多く生きること」。

マラソン大会の日程が近づくなか、チョ・ウォンの心の中にある過去の記憶を知る…

映画「マラソン」公式サイト


母親の葛藤が伝わってくる映画だった。私自身、兄が知的障害を持っていることもあって少し感情移入してしまったかな…。映画の中では笑えるシーンもしばしばあってほのぼのしていた。なんか自分にも向き合って欲しいって訴える弟の姿も印象的だったな。愛情のさじ加減って難しいよね。まだ子供とか産んだことないけどさ。(笑)


e0017790_2322899.jpg主人公演じるチョ・スンウは前に 「ラブストーリー」  ( 「猟奇的な彼女」の監督作品)で見たことあった。そのときは誠実な好青年って感じだったけど、今回の自閉症の役もすごく自然だった。








「マラソン」を見たついでにちょっとハンデを抱えた人を
テーマにしている映画3つ。

e0017790_2320979.jpg「フォレスト・ガンプ ~一期一会~」
(トム・ハンクス、ロビン・ライト・ペン)

これは名作ですね。”走る”点では「マラソン」とかぶりますね。
「人生はチョコレートの箱みたいなもの(開けてみなきゃわかんない)」
「バカなことをするやつがバカ」
昔、英語の教材に使おうと思ってDVD買ったらこの映
             画、思いっきり南部なまりなのよね。(笑)



e0017790_2321584.jpg「ギルバート・グレイプ」(レオナルド・ディカプリオ、ジョニー・デップ、ジュリエット・ルイス)

個人的にすごく好きな作品。ディカプリオの演技には、まいったって感じ。この映画の雰囲気が好き。家族って束縛しすぎもダメなのよね。




e0017790_2321234.jpg「アイ・アム・サム」(ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、ダコタ・ファニング)

ビートルズのサウンドが心地いい映画。これ観たあとサントラまで買っちゃったよ。この映画泣ける場面が多すぎです。サムがスーツ姿で現れたときはクラッときちゃった。優しい気持ちになれる映画。
[PR]
# by cine_love_gael | 2005-07-14 23:36

ゆかた

e0017790_0102688.jpgもうすぐ花火の季節ですねぇ~。

今日たまたま駅の一角で「蝶屋」の売り出しをしていたのでちょっと立ち寄ったら、買っちゃった。(笑)だって安いんだも~ん。

浴衣、帯、下駄の3点セットで5,900円!
もっと安いので3,900円であるんだよ。

←ちなみにコレ私じゃありません。・・・一応、ね。


去年アメリカに行ったときに日本文化を紹介しなきゃいけないってことになってたから、その時も蝶屋で急遽安いのを買ったんだけど外国人にはすごいウケててホッとした…。結局その浴衣はむこうで知り合った子にあげちゃったけど。

そうそう、浴衣着たいけど一人で着れないし~と思っているアナタ!
着物より全然簡単だからダイジョウブよ~!!
なんかね、動画で着付けの仕方を教えてくれるサイトがあってすごくわかりやすいの。↓こちら。

アニメで解説!ゆかた着付け講座

私もずっと人に着せてもらってたりしたんだけど去年これでマスターできちゃった。帯の締め方とかも動画をマネしながらやったら簡単にできるしね♪
[PR]
# by cine_love_gael | 2005-07-14 00:25
e0017790_22223887.jpgガエルのセクシーなスペイン語に触発されて「スペイン語を始めたい~」っていう人多いんじゃないかなぁ…。

私もその一人なのだけどせっかくならガエルの映画見ながらしたいなーって思ってたらスペイン語字幕のDVDがあったんです!これも輸入版なんだけど、 「アマロ神父の罪」には英語字幕のほかにスペイン語、フランス語字幕がついてた。
スペイン語初心者の私にとってはかなり高レベルだけど、ちょとずつやっていけばいいかなって感じ。私的には「モーターサイクル・ダイアリーズ」にスペイン語字幕があればいいのにって思うんだけど。

まだスペイン語の勉強を始めて半年も経っていないけど、今やっているのはNHKテレビの毎週夜11時半からのスペイン語講座とメルマガと文法のお勉強。NHKラジオの朝のスペイン語会話を4月から聞いていたんだけど、なんかあんまりおもしろくなくて最近やめちゃった…。テレビの方は好き好きがあるかもしれないけど、あの笑い飯のぬる~い感じは嫌いじゃないなって。
文法で使っている本は「スペイン語の入門」。CD付きで解説が分かりやすい。

そして時々するのがガエルの映画をMDにとってひたすら意味もなく聞いてみたり。まぁ「ブエノ」とか「ムーチョ」とかしか聞こえてこないんだけどね。(笑)でも改めてガエルの声はいいなぁ~ってホレボレしてみたり。
[PR]
# by cine_love_gael | 2005-07-12 22:27

輸入版DVDが欲しい方へ…

e0017790_20293725.jpg
映画公開後、DVDが出るまで待てな~い、という人。
DVDを安くで買いた~い、という人。
輸入版のDVDがお得ですよ!!

私がいつもお世話になっているのは DVD Fantasium

まぁ日本語字幕はないですが(当たり前)、ほとんどのDVDに英語字幕が付いているし、特典映像は日本版よりはるかに多いし、とにかく安い!!
特にDVDが出る前に予約すると20~30%オフで買えちゃうんですよ。
だいたいの相場は3000円前後で少し古いものだと1500円くらいのものもあります。

なんといっても日本語で買えるのでラクでいいです。
支払いも銀行振り込みかクレジットか選べます。

ただDVDにはリージョンというのがあって日本はリージョン2で、アメリカ版はリージョン1と、違っているので注意が必要です。リージョンフリー(どのリージョンにも対応する)のデッキか、パソコンで見るならリージョンフリーソフトというのがあるのでそれを購入すると見られます。

リージョンフリーソフト

だいたい日本で公開されている時期にもうアメリカではDVDで売り出されているという感じなので早く、安く買いたい人にはおススメですねぇ~。
[PR]
# by cine_love_gael | 2005-07-12 20:29
世界各国の短編映画(ショートフィルム)が集まったショートショート・フィルムフェスティバル。
私は今まで行ったことないけど、今回ガエル主演のショートフィルムが上映されるということで行こうと思ってます。
いろんな国からの出展がある中で、メキシコ特集というのが組まれている。天国の口、終わりの楽園」で監督をしたアルフォンソ&カルロス・キュアロン兄弟の作品とガエル主演の短編モノがあるみたい。ガエルのは2本あってひとつは17才の時に撮ったものらしいから初々しいガエルが見られるかも!楽しみ~。ガエルが出ているのは「ハートの中に」と「首筋の目 」 。

e0017790_2244172.jpg
ショートショート・フィルムフェスティバル2005

東京のほか、札幌、広島、大阪、名古屋、福岡、函館、松本でも上映予定。詳しくはこちら
[PR]
# by cine_love_gael | 2005-07-11 22:08

ドット・ジ・アイ

e0017790_12115661.jpg
「dot the i」
(2003 イギリス・スペイン)
ガエル・ガルシア・ベルナル
ナタリア・ヴェルゲ
ジェームズ・ダーシー

この映画私の地域ではミニシアターで一週間だけしか公開されないということだったのであまり期待せずガエル目当てにだけ行ったら意外とおもしろい作品だったのよね。久々に「えっ、こんな展開?!」って思わせられるものだった。

「ドット・ジ・アイ」公式サイトはこちら。

ガエルの髪型は少年チック(笑)だけど、相変わらず魅力満載です!
全編英語の映画はこれが初みたいだけどなかなかうまい。個人的にはスペイン語をしゃべってるガエルがセクスィーで好きだけどね…ガエルって英語、スペイン語の他にフランス語まで話せるみたいだしね~(聞いたことないけど)

話はそれるけどモーターサイクル・ダイアリーズのDVDのインタビューの中で日本語話してるんだよ。あいさつから始まって「ハポン(日本)ハ、チョーカッコイィー」とかって。

そうそう、「ドット・ジ・アイ」のあらすじ。

バーナビー(ジェームズ・ダーシー)との結婚を控えたカルメン(ナタリア・ヴェルゲ)は独身最後の夜を明かすヘン・ナイト・パーティへ行く。その場にいる一番セクシーな男とキスをするのがパーティのルール。
カルメンが選んだのはキット(ガエル)だった。軽いキスのつもりだったが、カルメンの心は激しく揺さぶられてしまう。やがてわれに返り、キットの手を振りほどいて外に飛び出したが、唇に残るキスの味が忘れられない。

お互いを忘れられないまま何度か会ううちに惹かれあっていく。キットに気持ちが傾いていることに気づきながらバーナビーと結婚してしまう。しかしその夜些細なことからけんかが始まりカルメンは家を飛び出しキットの元へ行ってしまう…

よくある都会の三角関係です。
…て、ちょーっと待ったぁ!!
映画の中にもうひとつ何かを予想させるような映像が話を
違う展開へと導いていくんです。
それは見てのお楽しみ…

ガエル、他の出演者のインタビューはこちら。

見ててキレイな3人だからそれだけでも映像に引き込まれますよ。ナタリア役の人はアルゼンチン出身で、バーナビー役はイギリス出身なんだって。
ガエルはこの映画のことを「リアリティ=現実が本当に真実なのか?という問いかけがテーマ。現実でもぼくらの生活はメディアに操作されていて、毎日映像で流れるものが真実かどうかなんて、決して分からない。真実は見たままのものではないということだ」ってカッコイイこと言ってた。こういうガエルの思慮深いところも好きなんだよね~。
[PR]
# by cine_love_gael | 2005-07-08 23:11

ダニー・ザ・ドッグ

e0017790_11484524.jpg




「ダニー・ザ・ドッグ」見ました。試写会の招待券をもらったので行てみるか…っていう気分で行ったのですが、すごくよかった。
アクション映画はあまり好きじゃなくて見ないのですが、今回のはストーリーもよく最後は感動、感動しちゃいました。
それもそのはず。脚本は「レオン」のリュックベッソン。

ダニー(ジェット・リー)は5歳のときに悪徳高利貸しのバート(ボブ・ホプキンス)に誘拐され、「闘う犬」として育てられた。「殺(や)れ」という合図とともに首輪をはずされれば、とたんに何人もの男を倒してゆく。闘いに明け暮れ、それ以外はアジトの地下で冷えた缶詰を食べながら絵本を眺める孤独な日々。

ある日、借金の取立てに連れて行かれた先の骨董品倉庫で、ダニーは絵本でしか見たことのなかったピアノに遭遇する。
そこで盲目のピアノ調律師、サム(モーガン・フリーマン)に出会う。
はじめは、人間としての感情がないために名前を聞かれても答えられないダニーだが、鍵盤の叩き方を習い、調律を手伝ううちに、二人の心は少しずつ触れ合っていく。

ダニー演じるジェット・リーの映画を見たのはこれが初めてだが、人間の心を持たず、まるで少年のようなまなざしをしたリー様にやられてしまった。(笑)
彼の実際の年齢は40過ぎだそうだが、純粋無垢なダニーにぴったりハマっていた。首輪をはずされて「闘う犬」になった瞬間のアクションもすごかった。
さすがだね。

はじめはバートに言われるがままに闘っていたダニーもだんだんサムや義娘、ヴィクトリア(ケリー・コンドン)という愛する人のために闘うようになっていく過程もグッときた。やっぱり人間は「愛されること」が必要なんだなってすごく思った。
ダニーのように幼い頃から親の愛情を知らずに生きるっていうのはほんとに過酷なことで、ダニーもサムとの出会いによってだんだん笑顔が見えてくるようになるのも印象的だった。

アクション映画だけど、人間ドラマたっぷりの映画でした。
この映画見た人がいれば感想聞かせてくださいね。
個人的にはとても感情移入してしまう作品でした。
映画が終わったあと一緒に見た友人に「ダニーよりは私の人生マシだからがんばる」って言ったら「比べる人、間違ってるよ」といわれてしまいました。(笑)

そうそう映画で流れていた美しいピアノ曲はモーツァルトの「ピアノソナタ第11番」です。なんか弾きたくなって久々にピアノの練習しています。

「ダニー・ザ・ドッグ」公式サイト(日本版)
フランス語版はこちら。(フランス語はさっぱりわからないけど見ごたえあり。)
アメリカ版はこちらe0017790_12102391.jpg


ジェット・リーのの作品はこれ以外に見たことが
ないけど、「ヒーロー」「キス・オブ・ザ・ドラゴン」もいつか見たいな~と思う。

あまりにリー様が気になって彼の公式サイトも
のぞいちゃいました。

ジェット・リー 公式サイト。(英語)
日本ファンサイトはこちら

リーって前妻の間に子供が二人と、今の奥さんとの間に二人子供がいるみたい。映画の印象ではもう少し若いと思っていたから以外だな…。
[PR]
# by cine_love_gael | 2005-07-04 12:12 | ダニー・ザ・ドッグ

ミリオンダラーベイビー

e0017790_2325635.jpg
ずっと見よう見ようと思っていたミリオンダラーベイビーをやっと見ました。

・・・名作。ストーリーもいいし俳優陣がバツグン。アカデミー賞を見ていたときに「なんであのじいさんばっかり章取るのよぅ」と言っていたことを反省。クリント様、ごめんなさい。

フランキー(クリント・イーストウッド)は小さなボクシング・ジムを経営している。娘がいるのだが音信不通の状態。そこに貧乏で家族からも見捨てられながらもボクシングをする夢を追いかけているマギー(ヒラリー・スワンク)がフランキーにトレーナーになって欲しいと頼む。

はじめはフランキーも女のトレーナーにはなれないと言うが、引き受けることになる。それから特訓が始まり、本当の父娘のような関係を築いていく。

しかしもうすぐでタイトルマッチというところで思わぬ事件が…

(ネタバレ注意)
試合が終わるという時にマギーはうしろからパンチをくらい首から下が動かなくなる、という重傷を負う。自分がフランキーから「自分を守れ」と何度も言われていたことを思い出しやりきれない思いになる。フランキーは寝たきり状態のマギーを見捨てず看病を続けるがあるときマギーは尊厳死を望むようになる…

この話を見る何ヶ月か前に「海を飛ぶ夢」という尊厳死を扱った映画を見ていたのでこのテーマに関して、衝撃的ではなかったけれど、また今回もいろいろ考える機会が与えられた。私自身、自分が寝たきり状態になったとして、尊厳死を考えてしまうかもしれないと思っているのでフランキーの選択はよく
わかる。もちろん死を自ら選ぶ、ということは悲しいことだが自分が本当に同じような立場にたったらどうだろうか、と考えてしまう。

この映画に出ているヒラリー、クリント、モーガンみんな素晴らしかった。ヒラリーの「ボーイズ・ドント・クライ」を見たときもかなりすごい女優だと思ったけど今回もこの役をできるのは彼女しかいない!と思った。

ミリオンダラー・ベイビー 

クリント・イーストウッド
ヒラリー・スワンク
モーガン・フリーマン

公式サイト

e0017790_2319459.jpg
[PR]
# by cine_love_gael | 2005-07-03 23:21 | ミリオンダラーベイビー

ガエルの写真 ①

ガエルの写真を見ながらうっとり・・・しちゃって下さい(笑)
e0017790_19115854.jpg
e0017790_19124823.jpg
e0017790_19131325.jpg
e0017790_1914737.jpg
e0017790_1914464.jpg
e0017790_19154183.jpg
e0017790_19162770.jpg

最後にオチつけてみたり・・(笑)
[PR]
# by cine_love_gael | 2005-07-03 19:16 | ガエル写真